【1】老化物質(AGE)を溜めない食事で、数年後の自分を変える/AGEフード・コーディネーター養成講座

がくぶん,AGE

食べ方や食べもの、調理方法で見た目年齢に差が出てくるって、ご存知ですか?

老化物質AGE(エージーイー)を溜める食事方法をしている人と、溜めずに生活している人では、同年代でもシワや肌などに違いが出てきます。

その知識があるかないかで、数年後の自分が変わってくるなんて。

スポンサーリンク

人は、食べたものでできている

子どもの頃は、おなかいっぱいになるために食べました。

自分のお金で食べものを買えるようになると、手軽なもの、高額なもの、おいしいと評判のものを食べるようになった。

食事について意識するようになったのは、おなかに赤ちゃんがきてからかな。

塩分コントロールとか、脂肪分を摂りすぎない、とか。

子どもを育てるようになると、栄養バランスについて気にするようになりました。

そして、ある日ふと鏡のなかの自分を見て気づくのです。

「私はいつもなにを食べてる?」

40代を過ぎると、体の調子や見た目が今までと変わることが増えます。

そしてやっと、自分自身の食事に目がいくのです。

私も、食べたものでできているんだ。

気になる部分が増えてきた

40代になってから、今まで絶好調だった体に気になる部分が増えてきます。

これは私の場合ですが、シミ、シワ(ほうれい線!)、そして肌や髪質が乾燥気味になり、手触りに変化が出ました。

さらに「なんだか調子が悪い」「医者通いが増えた」なんてことも。ああ~。

同年代なのに、なんだか違う

同年代なのに肌がプルプルな人っていませんか?

友人のなかにもそんな人がいて、私より年上なのにツヤ感があり、体も元気いっぱいです。

いいなあ、一体なにが違うんだろう?

そんなときに出合ったのが、AGE(エージーイー)です。

AGEってなに?

AGE(エーイージー)とは、Advanced Glycation End productsの略で、日本語では終末糖化産物となります。

え?なになに?

終末ってなんだか怖いし、漢字がいっぱいでわけがわからない!

これが最初にAGEという情報と出合った時の印象です。

あと、「エイジって読むんじゃないんだー」っていうのもありました。

きっと誰もが最初はそう読むんじゃないかな。

AGEとは、タンパク質と糖が加熱されてできた物質で、これが老化を進める原因物質とされています。

老化物質「AGE」を体に溜めない食生活

「要は、このAGEを体に溜めなければいいってことね」

というわけでネットで情報を検索してみたところ、思った以上にありました。

が、あちこちに散らばっているので、どれを見たら、そして信じたらいいものやら。

そんなときに出合ったのが、通信講座をとおして学ぶ、という方法です。

AGEについて学べる通信教育

老化物質を体内に溜めないためには、どんな食べものを、どう調理して、どんな順番で食べればいいか。

そういった知識をまとめて学べるのが、通信講座がくぶんさんの AGE フード・コーディネーター養成講座
です。

AGEフードコーディネーター養成講座

大きな特徴は下記のとおり。

・AGE研究の第一人者である講師の方から学べる

・AGEについてわかるテキストはもちろん、攻略レシピ集もある

・標準学習期間2か月に加えて、無料延長期間2か月(最大4か月間)

・修了後は、AGEフード・コーディネーターの資格が自宅でとれる

まとめ

今回は、AGEに興味を持ったきっかけや、AGEについての内容でした。

さて、この記事を書き終わったら、テキストを開いて通信講座をスタートします。修了目標は3月末!

次回は AGE フード・コーディネーター養成講座 についてご紹介する予定です。

よろしければFacebookページやTwitterをフォローしてください。記事更新情報を見ることができます。

AGEフードコーディネーター養成講座

[AGE フード・コーディネーター養成講座についてはモニター受講です。講座の良いところ、学び方、内容、こうだったらいいなと思う部分など、とことこ散歩なりの視線でご紹介していきます。]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
スポンサーリンク