課題2の講評:褒められてばかりじゃない。ワンポイントアドバイスがうれしい/アーティフィシャル・フラワー製作講座

アーティフィシャルフラワー製作講座、課題2の講評が返ってきました。メールに作品写真を4枚添付して、10/5に提出して10/9にはもうお返事。はやっ!

artificialflower1025

前回は1週間かかったので、まだまだだと思っていたのですが。もちろん早くもらえるとうれしいものです。提出した時の喜びがまだ心に残っているからです。

スポンサーリンク

まずは褒めてもらう!そしてテンションが上がる

講評をもらってまず探すのが褒め言葉。私、褒められるの大好きなんです^^

とてもバランス良く仕上がっております。花の凹凸差も出ておりますので、立体的な作品になりましたね。

えへっ♪ありがとうございます!ここでやる気モードになります(笑)講評をいただいたらすぐに次の課題の箱を開けちゃうといいかもしれません。流れるように課題を提出していきたいものです。

大変だったこと:複数の茎がズレないように握る

課題1も2も複数の茎をどんどん組み合わせていきました。これによって茎がどんどん太くなるので、私のように小さめな手ではそれぞれがズレないように握り続けるのが大変。

「この花を中心にして、この葉は下に添えるように」なんてやっていても、いつのまにか葉が上に出てきて、花が隠れちゃってたり。なんどもバラバラにして最初からやり直しました。そのうちどれがいいんだかわからなくなったりもしましたが、なんとか思うような形になりました。ふひーっ。

でも講評にもありましたが、慣れてくればズレが減ってくるそうです。早く慣れるくらいたくさん作ってみたいものです。

ワンポイント・アドバイス

「褒めてもらってばかりでは物足りないわ。ほほほ。」と調子に乗っていたら、講評の最後にワンポイント・アドバイスがありました。

仕上がりの形ですが、真横から見た際ある程度ラウンド型になるよう組んでいきましょう。

うーん、やはりそうですね。正面から見たバランスは思うようになるのですが、横や後ろまで合わせた全体のバランスとなるとなかなかむずかしくて。

artificialflower1025b

(多分、右側から見た図)

手を抜いたつもりはありませんが、やはり見る人が見ればわかってしまうもの。次回以降の課題は、あらゆる方向からのバランスを意識したいと思います。納得できるまで作りこもう。

今回の評価は?

さて5段階評価のうち、今回は何点だったのでしょうか?ふふふ、それはですね、

4点でしたーっ♪

4点⇒ よくできています!細部まで完ぺきに整えれば、自分の思い通りの表現ができるようになります。

3点以上が合格です。でも今回も1つ上の4点なのがうれしい。残り2つの課題のどちらかで最高得点の5点をとってみたいものです。がんばろっと。
  
アーティフィシャルフラワー製作講座
資料請は無料です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA