電子辞書って必要?と思っていたのに「カシオ・エクスワード」を購入

1年ほど前から中学英語をおさらいしています。もっぱら安価でありがたいNHK語学テキストやラジオ番組などを使って、聞き取り・書き取り・発音などがんばってきました。その話はまた後日ということで、今日は英語辞書目当てで購入した、カシオの電子辞書エクスワードについて。

カシオ電子辞書エクスワード

実はずーっと「辞書は紙でしょ!」と思っていました。でも英語学習をしているうちに、手持ちの英和辞書には載っていない単語にしばしば遭遇。パソコンで調べればいいのですが、大抵はそのままネットサーフィンタイムになってしまうので、この方法は避けたいところ。

スポンサーリンク

某テレビ通販で電子辞書のイメージが一変!

私の中の電子辞書は、画面がモノクロ。なぜなら実家にある電子辞書がそうだからです。ちなみに主人の実家のも同じ。カラフルなものが大好きな私にとって、魅力はありませんでした。

<追記>
なんて書いている時に、2010年の記事を発見!なんと、すでに可愛いデザインのエクスワードのお試しをさせていただいていました。「あれ?でもカラーのイメージ無いなあ」と思ったら、この頃はまだモノクロでした。

手書き 大人可愛い電子辞書ならコレだあ!「COOKIE fortuneコラボ ハート柄電子辞書」

なんとなくホッ。ただし、下の方で書いているタッチペンについては、この時すでに本体収納されていました^^;
⇒大人可愛い、電子辞書だ~♪「COOKIE fortuneコラボ ハート柄」(2010年1月)
<追記終わり>

そんな時に見かけたのが、某テレビ通販番組で紹介していた、カシオ電子辞書エクスワード!小さな1台の機械の中には、さまざまな英和⇔和英辞書だけでなく、各種辞書や辞典、さらには動画なども見ることができるとのこと。

数種の英語辞書だけでも「軽くてコンパクトで、でも調べ物に対しての答えをどんどんもらえそうでいいなあ」と思っていたのに、その他の機能も豊富で新しいモノ好きな私にはたまりません。ちなみに各項目別に入っているものを、一部ですがご紹介します。多すぎて書ききれません(笑)

●国語→ 大辞泉、明鏡国語辞典、旺文社全訳古語辞典、明鏡ことわざ成句使い方辞典、ほか
●英語→ ニューホライズンやジーニアス英和&和英辞典、ケンブリッジ英英和辞典、ほか
●英会話トラベル→ NHKラジオ基礎英語1・2・3、英語の耳になるシリーズ、ほか
●学習→ 日本史&世界史辞典、人物事典、百人一首、漢検プチドリル、英検4・3級予想問題ドリル、英検準2過去6回問、高校入試英語リスニング・トレーニング第1~5回、ほか
●生活実用→ ブリタニカ国際大百科事典、敬語早わかり辞典、クラシック名曲1000フレーズ、ほか
●便利→ カレンダー&時計、百ます計算、電卓、日本語&英単語リスニングクロスワード、ほか

ここに書いていて、「え、こんなものも入ってたんだ!」と驚いたものがいくつか。中1チビ太に英検をすすめたいけどレベルがわからないので、英検4級の予想問題からやらせてみようかな。

このようにさまざま内容が盛り込まれているのですが、さらに私の心を惹いたのは、リトルチャロNY編(人気のNHK英会話アニメ)や、ラジオ体操第一の動画が収録されていること。ラジオ体操は2年半も続けているので、大好きです♪

さて、開梱。

開梱時の様子です。箱サイズがわかるように何か他のものも並べて撮影すればよかったのですが、ブログ復活を決心する前に撮影したので、そういう細かな技術を忘れていました。商品写真を撮っている時点でブログ復活する気満々ですが(笑)

カシオ電子辞書エクスワード

開梱途中で“電子辞書”の文字が見えて、中1チビ太の目がキラキラしてました。実は数週間前に「電子辞書いいなー」と言っていたのですが、私がまったく興味なく、「辞書は紙だよ。紙辞書をしっかり使えるようになってからなら電子辞書っていうのもいいかもしれないけど、でもやっぱり辞書は紙だよ」と、言いたいことだけ言ってスッキリした覚えがあります。あの時ちょっとブータレてたチビ太の目が、今はうれしそうに輝いているのです。母もうれしい。

我が家は時々こういうことが起こります。

ダメと言っても、私の気が変われば購入もありなのです。気まぐれなのではなく、その商品の今まで見えていなかった魅力が見えてきたり、本当に必要な機能があるとわかれば買いなのです。

だから「本当に欲しいのなら、ママを説得してごらん!」ということなのですが、その時点で私がその商品に興味無ければスルーになるので、やはり気まぐれな母なのでしょう。

同梱されていたのは、USBケーブル、イヤホン、単3アルカリ電池(すぐに使える!)、取扱説明書、そして!本体収納できるタッチペンですぅ~♪

我が家にはDSが無いので、子どもたちはタッチペンにとても憧れを持っています。良かったね~^^

カシオ電子辞書エクスワード

↓ デジモノは白が大好きなので、迷わずホワイト選択。ほかにブラックとビビットピンクがありました。

カシオ電子辞書エクスワード

↓TOP画面にはメニューが並んでいます。もちろんタッチペンや指で選択可。

カシオ電子辞書エクスワード

↓  キーはとても肌触りの良い素材で、チビ太が喜んでいました。押した感じもカクカクせず、やわらかいので、指にも心にも負担がかかりません。

ここにも小さな画面があり、時にはタッチペンで字を書いて検索することも可能です。キーで文字打ちに慣れていない方にはありがたい機能です。

カシオ電子辞書エクスワード

↓ 写真の向きがわかりにくいかもしれませんが、本体の右わきにタッチペン収納場所があります。

カシオ電子辞書エクスワード

↓ タッチペンの長さは十分なので持ちやすいです。

カシオ電子辞書エクスワード

↓ キーの上にもメニューがあり、大辞典やブリタニカ漢語林、初級英和・和英辞典などに一発でジャンプできます。

複数辞書検索/かんたんサーチを使えば、一つの言葉について文字通り複数の辞書から検索結果を得ることができます。

カシオ電子辞書エクスワード

↓本体の左わきには、1.イヤホン端子、2.音声出力切り替えスイッチ、3.USBケーブル接続コネクターがあります。

カシオ電子辞書エクスワード

購入してみての感想は?

到着時こそ親子で頻繁にいじっていましたが、数か月たったいまではほとんど使いません。

なぜなら私の手持ち辞書で調べられない英単語が出てきたときにしか、基本使わないからです。

もともと、この程度の頻度でしか使わないだろうとわかっていたので、我が家ではOKです。

最初の頃は、やたらと眺めていた子どもたちですが、なんだか目が疲れちゃったと呟いていました。

「それだけ動画を見ていたら、あたりまえだよ~」というわけで、長時間の動画鑑賞には向きません。

英語勉強中の主婦が、家事をしながらチラッと見る程度がオススメです♪

今はリビングの引き出しに入れてあり、わからないことがあったら誰かが出して調べるという、時々便利グッズになっています。

わからないことをそのままにしないようになったので、電子辞書エクスワードには感謝です。

チビ太の学年が上がったら、そのうち「電子辞書を貸して」と言ってくるかもしれません。中1の今は、まだまだ不要です。

購入したのは中学生モデル

いろいろ調べたあげく、“中学生モデルXD-U3800”に決めました。

ネット上を見ていると、高校生モデルをオススメしている感想が多かったのですが、私は中学英語をおさらいしているし、チビ太は中1だしということで。

高校学習コンテンツを追加すれば、進学後も使えるそうですし。

ただし、使うのが子ども中心であれば、高校生モデルの方が良いかもしれませんね。

 参考リンク紹介

カシオの電子辞書エクスワード公式サイトはこちら(収納内容について、画像つきで詳しく紹介されています)

▼中学生モデル

▼高校生モデル

小学生モデル

ほかにも普段使いに便利な、生活・教養モデル、フランス語モデル、ビジネスモデルなど、さまざまなモデルがあります。興味のある方はカシオ電子辞書エクスワード公式サイトで確認してください。楽しいですよ♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA