ブログやSNSを書き続けるキッカケをくれた本①『書く習慣』いしかわゆき:著

乾燥の季節に唇しっとりだと、心もうるおいに包まれる

coco2016125a
この冬は良いリップバームのおかげで、唇しっとりのまま乾燥の季節を過ごしています。

唇ザラザラを気にしない冬なんて何年ぶり?

気がつくと唇のガサガサをいじっている、なんていうことがありません。

以前は某メーカーさんの薬用リップとか、かなりしっとりするような商品名がついたリップをドラッグストアで購入して使っていたのですが改善せず。

塗ってからしばらくするとまた塗って、の繰り返しには「もう仕方がないんだな」とあきらめていました。

ところが某イベントでココオーガニックさんのリップバームに出合えたおかげで、この冬は本当に快適に過ごしています。

乾燥の時期にはカサカサだった唇が、塗ってから3日間めくれ知らずで過ごせたリップバーム

この時の感動が忘れられず、記事書いた数分後に公式サイトに行って購入しました。

到着した時は、「これでこの冬は安泰だ―っ」という喜びと、「あの感動は気のせいだったらどうしよう」という気持ちが入り混じっていました。

イベント時ってその場の雰囲気で盛り上がっちゃって、実際よりも商品がよく見えちゃうことがあるでしょ?

coco2016125b

そんなわけで、しばらくしてから記事を書こうと、静かに使い続けていました。

1か月後の今も愛用しています

購入から1か月たった今でも、毎日使っています。

寝る前に少したっぷりめに塗ると、翌日ずっと唇が気になりません。

お出かけ前には、リップバームを塗ってから口紅を塗ったり塗らなかったり。

しっとりした唇に口紅を塗るって、なんて心地よいのでしょう。

coco2016125c

ツヤツヤ成分が入った口紅を塗るのもいいですが、唇自体がしっとりしていることで、より健康的に、そしてきれいに口紅が発色し続ける印象です。

子どもたちも使っています

中2チビ太と小3ピョコも使っています。

特にチビ太は毎年乾燥がひどくて悩みのタネだったのですが、リップバームを(もったいないけど)毎晩貸してあげるようになって落ち着きました。

あの唇の皮をむく、痛そうな動作を見なくなってホッとしています。

本人に「リップバーム、どう?」と聞いてみたところ「うん、いいね!」と笑顔で返事が。

今まで使っていたリップクリームは、薬用だとスースーしたり、なんかニオイがあったりで、でも仕方がないから使っていた部分があります。

だってガサガサよりはいいですから。

でも香りに敏感な娘は断固拒否!

ガサガサながらも塗ってくれなかったので、寝付いてから塗ったりしていました(笑)

ところがリップバームは香りが無いので、娘も毎晩塗らせてくれます。

あ、人によってはわずかに香りを感じるかもしれませんが、絞りたてココナッツの自然なものです。

リップバームのおかげで笑顔満開

唇ガサガサしていると、笑顔を作るときに気を使いますよね。

楽しくても、おかしくても、大きな口開けて笑うと唇ピッと切れちゃうから笑えない。

そんな我が家の冬に満開の笑顔を取り戻ってきました。

リップでこんなにも違いがあるなんて、出合いって大切だなあ。

タイトルとURLをコピーしました