xiaomiのスマートウォッチ Mi Band5を愛用中。携帯へのメッセージが読めて、電話着信は切ることもできる。便利です♪(Amazonサイトで見る)

名前入りバスケットボール&バッグのプレゼントで、娘のバスケ熱がますます燃えた

バスケットボール,バスケットボールバッグ

娘が8歳のときの誕生日プレゼントは、バスケット・ボールとバスケットボールを入れるバッグにした、とことこ散歩です。(ちなみに娘は今、小3で9歳です)

でもね、ただのバスケットボールじゃないんですよ、ふふふ♪

ネームを入れてくれるショップとの出合い

「ピョコの8歳の誕生日プレゼント、なににしようかな~」

小学校に入学後、ゆるバスケ部に入った彼女はバスケットボールが好き好き、大好き!

そんな彼女を見ていて、マイボールをプレゼントしようと思い立ちました。プレゼントにこだわりのある私は、自分の思いつきにニンマリです。

そして出会ったのが、ネーム入りのバスケットボールでした。

サイズはミニバスで使われる5号球で、全国ミニバスケットボール大会公式試合球でございます。ほほほ。

ネームを入れるか入れないかの選択はもちろん可能で、ネームの字体や色は下記から選べます。

<ネームの字体>
丸ゴシック、角ゴシック、楷書体の3種類

<文字>

ひらがな、漢字、ローマ字、なんでもOKで、わが家はローマ字を選択しました。

さらに♡や、$など、使える記号もたくさんあります。

<文字色>
黒、

娘に確認しところ、緑と赤で迷っていましたが、最終的にはを選びました。理由を聞きましたが忘れました(笑)

赤の色については、下記の画像でご確認ください。

ぼかしを入れ過ぎてわかりにくくてすいません。なにしろ個人名なもので。

緑の矢印で示した部分でご確認ください。

bcolor

ただの丸いバスケットボールですが、名前を入れたことで愛着がふつふつと沸くものですね。

さらに、みんなで練習している時も、名前があることで片付け時に「私のどれだっけ?」と迷う必要が無くなります。

マイボールには名前を入れる。

うん、いいですね。

ただし、自分以外にプレゼントする場合は、かならず「名前入れる?」と確認することをおすすめします。

わが家の長男は、絶対いらないって言いそう。まあ、すでに中2ですから(笑)

合わせてバッグもプレゼント

マイボールがあるなら、バッグも欲しいよね!というわけで決めたのが、こちらのバッグです。

2016年2月現在はバスケットボールとのお得セットがありますが、私が購入した時は無かったような気がします。遠い目。

バスケットボール・バッグを開けると、どんな風になるのでしょうか?

早速チャックを持ってジーッとしてみましょう!

bbagchakku

じゃんっ♪

bbagpaka

パッカリです、すごいでしょ?

知っている方から見れば当たり前な光景も、はじめて見た子どもたちと私は大コーフンッ!

バスケットボールの練習時には、肩にかけて持っていくようになりました。

8歳の誕生日プレゼントも、大成功!

最初はボールをうまくつけなかった

バスケットボールにちなんで、ちょっとこんな話を。

お子さんはボールを地面で上手につけますか?

私は「子どもならボールをつけるのは当たり前」と思っていたのですが、とんでもない。

ゆるバスケ部に入った当時の娘の姿は衝撃でした。

なんとボールがまともにつけなかったのです!

はあっ!?

 

運動神経が悪いわけでもない娘が、まともにボールをつけないなんて。

いえ、わが家の娘だけではありません。

ほかの小1メンバーズも、ボールが手から逃げてったり、地面すれすれの低い位置でボールをついていたりと、「なんじゃこりゃーっ!」だったのです。

さらに、走りながらボールをつくなんてことになったら、てんてバラバラに散っていく子どもたち。

もう親同士で顔を見合わせて、あんぐりしてました。

2年生以上の子どもたちのまともなボールさばきを見て、「うちの子も来年にはあんな風になれるのかしら。いや、絶対ムリな気がする」なんてザワつたものです。

でも継続は力なりで、今ではボールの扱いもシュートも、お手のものになりました。ホッ。

ボールをついて遊べない環境

当時「うわ、ボールの扱いヘタッ!」なんて思いましたが、よくよく考えたら、ボールをついて遊ぶということをさせていませんでした。

以前住んでいた社宅も、購入した家も住宅街にあるので、家の前でボール遊びは避けていたんです。

「ご近所さんにボールをつく音がうるさいからダメ」と言う理由です。

♪あんたがったどっこさっ♪

なーんて、私が子どもの頃はフツーに遊んでたものですけど。

ごめんよ、ピョコ~。ちょっと遠くの大きな公園にでもボール持って連れて行ってあげればよかったね。

なーんて親はあれこれションボリしちゃうこともありますが、子どもって与えられた環境で、たくましく育っていくんですね。

まとめ

子どもには、好きなことを、もっともっと楽しんでほしい。

そんな想いでバスケットボール&バッグをプレゼントしました。

あまりにも真剣に選んだので、私までバスケが大好きになってしまいました。

さすがに親OKの練習には参加しませんでしたが^^♪

 

タイトルとURLをコピーしました