英会話習得で、まず身につけたい目標(道案内)をやっと見つけたハナシ

英会話 ママおさらい英語
この記事は約4分で読めます。

英会話、写真素材ぱくたそ

「英語で道をきかれたけど、なにも言えないままで終わってしまった」

気持ちは教えてあげたくて仕方がないのに、思うように話すことができずガッカリしたこと、ありませんか?

次にそのような機会があれば、そのときこそは!

それは、ある日突然やってくる

なにごともなく平穏無事に毎日が過ぎていた数年前、息子と住宅街を歩いておりました。

すれ違った金髪青い目のおにいさんが、あろうことか急に戻ってきて私に道を尋ねたのです。どひゃーっ!!!

「〇〇〇はどこにありますか?」

なにかの場所を質問されているのはわかるけど、肝心の〇〇〇がわからない。

話すスピードが速いのもあるけど、単語そのものがわからない???

すると彼はスマホを取り出し、単語を見せてくれました。

「gymnasium」

最初の3文字にgymとあり、さらに目の前に体育館があったので「ジム(体育館)のことか」と結びつきました。

指させばOKだったのでラッキーでしたが、ドッと疲れました。

突然あんなことがあるんですね。もう滝汗ブシャーです。

このころの私は短い1文の中にbe動詞を2つ入れちゃう、中1レベルの状態でした。

●あれは彼の家ですか? ⇒ Is that is his house?

くわしくは10回?100回?まずは1回 最後までやりきろう!「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」をご覧ください。

(道をきかれたのはこの記事よりずっと前なので、もっとレベル低かった)

なので、はじめての道案内は大成功だったと思います。

あの時の私ができる精一杯。外国の方も無事に目的地に到着できましたしね。

そして現在、その日はまたやってきた

先日、とある駅で金髪青い目の、今度はおねえさんに質問されました。

もしかしたら、こういう状況だとみんな金髪青い目に見えるのかもしれません。

今回は「山手線はどこですか?」と聞かれました。

NHKタイムトライアルで覚えた「It’s over there.」か「It’s that way.」を使おうと思っていた私は、一瞬で凍りました。

 

その駅には、山手線乗り場はなかったのです~!

 

さあ、もうパニックです。「あっちです」では乗り切れません。

「この駅に山手線乗り場はありませんってどう言うんだっけ?」

「山手線乗り場に行くには、まず、どの駅に行ってもらえばいいんだっ」

もともと自分自身が電車に疎く、慣れた土地でも迷子になるのに、しかも日本語でも道案内なんてできないのに、どうやって英語で説明できるというのか。

固まっている私を見て「これはムリそう」と判断したその女性は、やさしい笑顔で去っていきました。

お役に立てなくてすいません~っ!もう心の中で平謝りです。

そして、「ここまで数年やってきた英語学習ってなんだったんだ」とションボリ。

道案内はがんばりすぎず、できることをやろう

落ち着いて考えたら、やるべきだったことが見えてきました。

1)スマホを使えばよかった⇒いつも使っている翻訳アプリがあるではないですか。

子どもたちの言い争いがはじまったら、英語発音チェックの時間です。

2)駅員さんのところに連れていく

3)わからないということを素直に伝える

「わからないと言ったら申し訳ないかな」なんて思う必要はないんです。

英語学習、まずは「これができたらうれしい」を学ぼう

ここ数年のオンライン英会話のレッスンのおかげで、自己紹介や趣味の話を、英会話30%、ジェスチャー70%で伝えられるようになりました。

でも、まず身につけたかったのは、「外国の人に英語で道を教えることができる」ことだったのです。

「3年も4年も英語のおさらいをやってきて、まだそこ!?」と笑ってしまいますが。

英会話に関して、ものすごーく背伸びをしていたんです。

あとは、日本語で道案内ができるようにならないとですね。

そこができないと、英語で説明なんてムリな話(笑)

まず深呼吸して肩の力を抜いて、ここからあらたにスタートします。

長い文章を最後まで読んでくださって、ありがとうございました♪

 

タイトルとURLをコピーしました